おしらせ

2018/04/16

織物の産地について① 北海道~東海

皆様こんにちは
織物の産地は日本全国にございますが、地元でも知らないものもあるのではないでしょうか?
織物名とおおまかにどのようなものかをアップしていきます。


 北海道
・厚司織(あつしおり) アイヌ独特の織物 半てん・前掛にも用いられている

 青森
・津軽木綿 着尺

 岩手
・南部絞り 紫根染と茜染があり、着尺・小物類に用いる。

 秋田
・秋田八丈 縞格子の光沢ある絹織物でハマナスを使って染色し、黄色と茶色が多い
・まんだ織 シナ布とも呼ばれ、シナの木の皮から造った糸で織った布
・ぜんまい織 ぜんまいに密生する綿毛を紡績して織りあげた布

 山形
・米沢紬・長井紬
・紋朱子類 着尺・羽尺・丹前地・雨コート地に使用
・米沢琉球絣(米琉球)

 宮城
・仙台平 男袴で琥珀織
・紙子布類 着尺・帯地
・八ッ橋織 布地の表裏が反対の市松模様

 福島
・羽二重・生絹・会津木綿

 栃木
・足利地方 めいせん・きんしゃ・兵児帯・トリコット・着尺ウール
・佐野 紅梅・丹前・佐野ちぢみ
・芳賀 結城紬
・真岡木綿

 群馬
・桐生地方 お召・紗・絣・帯地・羽織地
・伊勢崎 めいせん・絣・タフタ―
・館林 館林つむぎ・白がすり・中野がすり・縞木綿・綿縮

 茨城
・結城紬
・豊田紬 綿・絹の交織

 埼玉
・深谷地方の生絹 小川地方の小川絹
・秩父 めいせん・お召・着尺・夜具
・飯能 生絹・大島・夜具
・所沢 夜具地・丹前地・綿縮・所沢絣

 千葉
・唐棧・銚子縮

 東京都
・八王子 シルクウール・お召・めいせん・多摩結城
・村山 村山大島
・八丈島 黄八丈
・江戸小紋

 山梨
・甲斐絹 羽裏・コート裏・夜具・かさ地などに使用

 新潟
・小千谷地方 小千谷縮・越後上布(原料は苧麻を使用したが、今ではラミーを使用したものが多くなってきている)
・十日町地方 お召類・絣・綸子・朱子・明石縮・最近では後染めの訪問着類・中振・絵羽織
・南魚沼 塩沢絣・紬・上布・夏の着尺
・五泉 塩瀬羽二重・五泉平・絽

 石川
・加賀友禅染 現在でも手描き染め。 他に小松りんず・ちりめん・加賀絹・大聖寺羽二重・白山紬・能登上布

 福井
・羽二重・奉書紬(平織の薄手の白紬)

 静岡
・葛布(くずふ):経糸に綿か麻 または絹。緯糸に葛の繊維を織り込んだ交織織物
・浜松:ウール着尺・遠州木綿・ゆかた地・手拭地などがある

 長野
・信州紬(上田紬・飯田紬など)

 岐阜
・岐阜縮緬・ウール着尺・郡上紬

 愛知
・有松絞り・知多木綿・三河木綿・ウール着尺

 三重
松坂木綿

パールトーンブランドサイト
PAGE TOP